2006年12月23日

今年最後の投稿

明日から実家に二週間帰省します。
なのでこれが今年最後のブログ投稿になります。

ここ半年はすっかりブログの更新もせず、他の方のブログ訪問もしていなかったので来年はまた元のペースに戻せたらなぁと思っています。
(ブログに載せようと思っていた画像が溜まっていたので、今日は一気に3つも記事を書きましたあせあせ(飛び散る汗))

幼稚園の親睦会の幹事も無事に終わり、年賀状も書き終わり(かなり追われて書きました)、今年の心残りは映画「硫黄島からの手紙」を観れていないことだけですexclamation&question

「父親たちの星条旗」は観ました。
私の祖父のお兄さんが硫黄島で戦死していて、祖父は身体が丈夫な頃は毎年遺骨収集に行っていたので、この映画は観るべきだと思っていました。

クリント・イーストウッド監督が「父親たちの星条旗」をアメリカ側の視点から描き、「硫黄島からの手紙」を日本の視点で描いたということもとても興味深いです。

そして「硫黄島からの手紙」に二宮和也くんが出ているのが、私が観たい理由のひとつです。
彼はジャニーズですが演技の上手さには以前から注目していました。
初めて彼の演技を見たのは、田中美佐子さんと共演した松本清張原作のドラマ「天城越え」です。
とても存在感のある心に迫る演技で、このドラマでの評価もかなり高かったようです。

早く観に行きたいですが、来年になっちゃいそうです。

それでは、今日はこの辺で・・・
来年もまたよろしくお願いします。



posted by トロロ at 01:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ヾ(* ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄*)ノこんばんわ♪

今年一年の挨拶忘れずにと思って来ました。

お世話になりました。

いつも覗かせてもらってます。

また来年も☆∩( ´∀`)∩ドウゾ (っ´∀`)っ))ヨロシク (*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪シマス。




Posted by ゆか at 2006年12月31日 21:14
 今年もよろしくですm(_ _"m)ペコリ

 硫黄島、トッチ父が仕事でよくいっていましたよ。
「普通の人はいけないんだ」
と自慢気に言って。

 戦争は、壮絶なものですよね。トッチ父のおじさんがフィリピンから帰ってきた人で、よく話を聞くと、もうそんなことを人間がすることじゃないよ。と思いました。
Posted by tocchi at 2007年01月14日 16:24
>ゆかさん
いつも携帯メールで色々な情報をありがとうございます[♪]
仁くんが戻ってくるのを信じて今年もKAT-TUN応援していきましょう!
コンサート決まって良かった[!]

>tocchiさん
レスがすっかり遅くなってしまって、本当にごめんなさい。
今年もよろしくお願いします。
仕事柄、お父さんが硫黄島へ行かれたことがあるんですね。
うちの父は祖父の遺骨収集につきあって行ったことがあります。あと仕事柄か、硫黄島やレイテ島の戦いの本が家にあったので、私は中学生の頃それを読んでいました。
祖父の話やそういった本を読むだけでは本当の恐ろしさは分からないのかもしれませんが、もうこんなことは二度としてはいけないと思わされました。

Posted by トロロ at 2007年01月16日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。